特別養子縁組について

健全な家庭で生活する事が困難な子供を引き取って、一緒に生活を行うのが養子縁組と呼ばれる制度です。

 
その中でも「特別養子縁組」と呼ばれる制度は、子供が実の両親との縁を完全に断ち切り、養父母の子供として戸籍に組み入れ、一緒に生活をおくる制度のことです。
子供が暖かい家庭の中で、健全な育成が出来ることを目的とした制度なので、跡取りが欲しいからとか、男の子が欲しいからといった理由ではダメです。
義父母になるための条件は、結婚している夫婦で25歳以上である事が条件です。
どちらか片親だけではいけません。

 
また、実の父母の同意が得られた6歳以下の子供に限ります。

 
それ以上大きくなると、義父母との間に実の親子と同じような関係を築くのは難しいと考えられて、年齢が制限されています。

 
この制度を利用して親子関係が結ばれると、戸籍上「養子」といった表現では記載されないので、制度を利用して親子になった事が分からないように記載してくれます。

 
また、実父母の名前なども戸籍に載せないため、知らない人が見ても制度を利用した事がわからないような配慮になっているのです。

 
血はつながっていなくても、実の父母と同じように子供を愛し育てる事で、血のつながりに負けない親子の関係を築く事が出来るでしょう。

コメントは受け付けていません。