親権のない親族が施設から子供を預かることは出来るのか?

一般的には、親権のない親族が子供を引き取るには、親の不在(失踪、死亡、拘禁等)が前提となっているため、勝手に施設から子供を預かることはできません。しかし、その子供の「監護者」になることで、子供に対する生活の面倒や世話、教育を受けさせることなどができるようになります。

 

これはどういうことかというと、離婚の場合、親権というのは、「財産管理権」「身上監護権」の二つに分けることができます。

 

財産管理権は、子供が財産を所有している場合に、それを子供に代わって管理する権利です。契約や法律上の手続きなどをする権利もこちらに含まれます。

 

身上監護権は、子供に身の回りの世話をしたり、教育を受けさせる権利です。この「身上監護権」を持っている人を「監護者」と呼ぶのです。

 

 

したがって、親権者となった親が育児を拒否し、子供が児童相談所などに引き取られた場合でも、引き取りに来た人がその子供の監護者であることが証明できれば、子供を預かることができます。この監護者というのは、特に離婚届に記載するものでも戸籍に記載するものでもありませんので、もし監護者を親権者と別に決める場合には、念書を作成したり、公正証書を作成したりするようにしましょう。は最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

コメントは受け付けていません。