専門里親について

専門里親とは、平成14年度に新しく制度化されました。

 
これまでは、特別養子縁組・養育・親族なのど種類がありましたがそこに新しく組み込まれるタイプの制度です。

 
上記の他の制度とは違い、この新しくできた制度には一定の条件が加えられます。

 
この制度で養育することもは、虐待などの行為で心身に傷を受けていて、より親密で理解ある援助が必要とします。
なので家庭生活で心を癒し。信頼関係を修復・子供の字理知を促すことを支援することを目的としています。
平成16年度より、非行等の改善、健全な育成を期待する児童の養育も加えられました。
昨年度からは、肢体が不自由な障害児童、知的に後れを持つ児童も対象になりました。
一定の養育経験があるか、児童福祉、保健・医療、教員、司法・矯正関係などの資格を持っている人、又はそれ以上か同等以上の能力があると都道府県知事が認定した人が研修を受け都道府県知事が認定します。

 
また認定研修のほかに、二年ごとに継続研修が必要となります。

 
研修内容は、希望者が、被虐待児童等家庭養育の必要な

 

児童を養育をするとして、基礎的知識や技術の習得、能力の向上を目的として実施されます。
この過程を修了していないと認定をされることができないので、研究は必須となります。

コメントは受け付けていません。