里親制度とは

 

 

日本ではあまり良く知られていませんが、何らかの事情で実の両親と生活をすることが出来ない子供達を預かり、一緒の生活をしていく里親制度と呼ばれる制度があります。

 
養子縁組をして子供を育てている人もいますが、養子縁組をする場合もそうでない場合も、同じように研修を受けて、子供を預かるための条件をクリアしなければなりません。
この制度のメリットは、何といっても子供達を仮の形とはいえ「家族」として一緒に生活をおくれる点です。
実の両親と一緒に暮らす事の出来ない子供の多くは、乳児院や自動養護施設で、同じような境遇の子供達と生活をしています。
もちろんそのように集団生活をおくることのメリットもありますが、普通の家庭で家族として生活をおくる事は、人間関係の構築や人とのつながりについて学ぶ事のできる貴重な体験です。

 
子供達が実際に大人になった時に、自分の家庭を作るイメージもわきやすく、健全な家庭を作る為の手助けにもなるでしょう。

 
事情があって、家庭で生活をおくれない子供達にとっては、この制度を通して社会とのつながりや、自分の居場所を見出すきっかけにもなり、大変意義のある制度だといえます。

 
人と人とのつながりが改めて叫ばれる現代だからこそ、もっと認知されるべき制度でしょう。

コメントは受け付けていません。