普通養子縁組について

普通養子縁組とは養父母と子供との間に法律的な親子関係が成立するものの実の親との関係は消滅していないので、民法上の扶養や相続関係は継続することになります。

 

契約は養親と養子の契約または同意で整い、子どもが15歳未満の場合には実の親が法定代理人になって契約します。年齢は養親よりも年少者ならば特に問われません。養親に関しては成年に達していて、少子よりも年長者であれば、単身でも養育は可能で、養子の親権者になって養育の義務を負うことになります。

 

この場合、養子は実の親と養親の2組の親を持つことになり、実の親との法律上の親子関係は戸籍上そのまま残っています。

 

戸籍の表記は実の親と養親の両方の名前が記載されて「養子」あるいは「養女」と書かれます。

 

相続に関しては実の親と養親の両方の扶養義務と相続権を持ち、養子は養親の嫡出子の身分を取得します。

 

離縁の方法は双方の同意があれば離縁が可能で、養子が15才未満の場合には養子の法定代理人と養親との協議となります。

 

縁組が成立するまでの期間は約1か月から2か月程度で、家庭裁判所に申し立てをして、家庭裁判所が養親の調査をして、実の親の同意を確認したうえで許可がされます。また縁組が成立すると養子は養親の姓を名乗ることになります。

コメントは受け付けていません。